前回の日記はこちら⇒
スカイリム日記 ビビアン編8~心を射止める→奪還~


スコールの復讐に燃えるアエラはビビアンにシルバーハンドのアジトの襲撃を依頼する。復讐を良しとしないコドラクはビビアンにウェアウルフの呪いを解く方法を伝え、呪われた運命からの解放を託した。


2014-09-01_00070


エオルンド
おい、コドラクに聞いたぞ。魔女どもを討伐に行くんだろ?だったらこれを装備していけ。魔法耐性を高めた防具だ。


ありがとう。毎回世話になるわね。


エオルンド
いいんだ。コドラクを・・・同胞団の連中を救ってやってくれ。


任せて。必ず魔術結社の奴らを倒してみせる!


でも肝心の魔術結社遠いなー。馬で行こう。まずはホワイトラン馬屋へ向かう。


スカルヴァー
健康でいい馬がいるぞ。1000ゴールドで売ってやる。どうだ?
2014-09-01_00071

1000ゴールドなら大丈夫ね。黒い毛並みの美しい立派な馬だ。馬屋ではアリーって呼ばれてたらしい。よろしくね。アリー!
2014-09-01_00075


サドルに旅用品を積み南西へ向かう。おー速い速い♪
2014-09-01_00079


マンモスでかっ!
2014-09-01_00086


夜になったのでキャンプ。明日にはつけそうね。思ったより速かったわ。
2014-09-01_00093


魔術結社に到着。入り口から中の雰囲気が伝わってくる。
2014-09-01_00097


魔女
獣の血がやって来たか。お前の魂はすでに私たちのものなんだよ!
2014-09-01_00101


悪いけどそれも今日までよ。今までさんざん同胞団のメンバーの魂をハーシーンに捧げて来たんでしょ!
2014-09-01_00102


そうは言ったものの結社の魔女達は長年の魔力を溜め込んでいたらしく、魔法の巨大な火球をぶつけてくる。想像したとおり強い!
2014-09-01_00099


何とか魔女を全滅させ、首を持ち帰る。これで私も含め同胞団の皆をウェアウルフの呪いから解放してあげられる。
2014-09-01_00100


グロ・・・
2014-09-01_00103


ジョルバスクルに戻った私の目に信じられない光景が飛び込んできた。ジョルバスクルの入り口でアエラ達がシルバーハンドと戦っていた。戦いは終わっていたものの、激戦の後が伺える。
2014-09-01_00119


ヴィルカス
お前!どこに行っていた!

コドラクの頼みで・・・何があったの?

ヴィルカス
さぞかし大事な任務だったと思いたいね。お前の留守中にシルバーハンドがジョルバスクルを襲撃したんだ。奴等は俺たちの手で撃退したが・・・コドラクは・・・死んでしまった。



ヴィルカスのすぐ後ろに変わり果てたコドラクの姿があった。
2014-09-01_00131


そんな・・・やっと彼の呪いを解くことが出来ると思ったのに。間に合わなかった。私は彼の魂を救うことができなかった。


ヴィルカス
シルバーハンドめ。絶対に許さない。奴らはウースラドの破片も強奪して行った。奴らのことを後世に語り継げる者を一人として残すまい。死の恐怖を教えてやる!
2014-09-01_00132


私も行く!

コドラクは復讐なんてって言うかも知れない。だけど彼の死に同胞団の皆が悲しみと憎しみを抱いてる。私も同じ気持ちだもん。同胞団の名にかけてウースラドの破片を取り戻す!
2014-09-02_00004


奴らのアジトはホワイトランよりずっと北にあるらしい。報復を怖れて遠方に拠点をおいたのだろうか。北上していくと辺りが雪景色になってきた。

ヴィルカス
今夜は冷えるな。よく眠っておけよ。ただでさえ我らウェアウルフは獣の血のせいで満足に眠ることが出来ないんだ。
2014-09-01_00135


最近熟睡した気がしなかったのはそのせいだったのか。


アジトに到着した。門番を瞬殺し中へ押しいる。ヴィルカスすごい気迫だわ。
2014-09-01_00139



ヴィルカス
お前達の命運はつきたぞ!



凄まじい勢いで突き進みシルバーハンドをなぎ倒す。

シルバーハンドの頭
貴様らは呪われた存在だ!我らシルバーハンドは貴様らのような不浄なる者どもを滅し、スカイリムの地を浄化しているにすぎない!


ヴィルカス
山賊まがいがよく言う!おおかたハーシーンにそそのかされ、奴の道楽に我が同胞達を巻き込んだんだろう!報いをうけるがいい!

2014-09-01_00144

ヴィルカスの振るったグレートソードがシルバーハンドの頭に致命の一撃を与えた。

盗まれたウースラドの破片を回収し、ホワイトランへ戻る。
2014-09-02_00002

ヴィルカス
シルバーハンドとはこれでケリがつけばいいんだがな。ジョルバスクルへ行こう。コドラクの葬式の準備が終わっている筈だ。


スカイフォージではすでに葬儀の準備が完了していた。同胞団のメンバー以外にも首長と執政まで参列している。コドラクの人望の厚さが伺える。

2014-09-02_00011

首長と執政まで。
2014-09-02_00012



アエラ
二人とも無事ね。首尾はどう?


アエラの問いかけにヴィルカスは堅い表情で小さく頷いた。

アエラ
みんな!盾の兄妹が戻ったわ。これより葬儀を執り行う。



アエラの掛け声と共に、それぞれがコドラクに贈る言葉を捧げる。最後にアエラがコドラクの亡骸に火を放ち、偉大なる同胞団の導き手に別れを告げた。
2014-09-02_00014

2014-09-02_00015


エオルンド
待て、ビビアン。お前ウースラドの破片を持っているだろ?実はコドラクが残りの破片を部屋に隠し持っていた筈だ。持って来てくれれば俺がウースラドを修理してやる。



わかった。コドラクの部屋にあるのね。 これで全部よ。


エオルンド
気をつけろ。ウースラドの破片をふやすつもりか。完成までは少し時間がかかる。アンダーフォージでサークルの連中がコドラクを追悼している。お前も行ってこい。


アンダーフォージではサークルのメンバー達がコドラクの葬儀を終えても彼の死を悼んでいた。
2014-09-02_00026


コドラクはウェアウルフの呪いを解く準備をしていたわ。その方法もコドラクは知ってた。私はコドラクに言われて呪いを解くため魔女の首を持ち帰って来たの。 結局彼の願いは叶えてあげられなかったけど・・・。

ヴィルカス
・・・イスグラモルの墓に魔女の首を捧げれば己の中の獣を払い落とせるらしい。かつて彼が語っていた。彼の魂を清めるために俺たちでイスグラモルの墓へ行こう。墓に入るにはウースラドが必要だ。だが破片の状態ではな・・・。


エオルンド
それなら心配無用だ。この通り元通りにしてやったぞ。破片を集めてくれたのはビビアンだ。お前たちはイスグラモルの墓へ行く準備をしろ。コドラクのために。

2014-09-02_00057


アエラ
ちょっと待って。あなた達本気なの?この力を手放すなんて私は嫌よ!ビビアン、あなただって強くなりたくてここへ来たんでしょう?

確かに強くなりたいけど、破壊するためだけの力はいらない。私はこの呪いを解いて自分の力で大切なものを守るために戦う。


アエラは反論はしなかったものの理解出来ないといった面持ちだ。


ヴィルカス
無理にこの力を捨てろとは言わん。墓につくまでゆっくり考えるといい。とにかく今はイスグラモルの墓へ向かうぞ。墓は遙か北の海岸だ。長旅になる。準備を怠るな!



次の日記はこちら⇒
スカイリム日記その10~死者の栄光~